運動療法

『これからの手技療法には身体の支持性を高める運動療法が必要です』

現代人は、身体の健全性を保持するために必要である、「筋の支持性」が満ち足りていない人の割合が7割を超えています。

いくら骨盤を矯正しても、いくら精妙に背骨の矯正を施しても、「筋の支持性」が充分でない限り、施術効果も半減してしまうのです。

shutterstock_289744790

 

骨格&筋肉の矯正プラス筋の支持性を高めるメソッド

手技療法基礎クラスでは手技に「支持性を高めるメソド」を組み入れたオリジナルの技術を身につけることが出来ます。

これは他に類を見ない、これからの時代に必要不可欠な手技療法の新しい形です。

shutterstock_394558633

これからの手技療法に必要な運動療法

有史以来、人間の肉体が現代ほど脆弱になったことは初めてではないでしょうか。自然の中での遊びや労働を通じて、筋骨格運動器系が十全に発達するべき成長期に、充分に身体を動かすこと無くTVゲームや塾通いに勤しみ、長じてはPCワークを中心としたデスクワークで基礎筋力の著しい低下をきたしているのが現代人、とくに都会での生活をする人の特徴と言えます。

当然、姿勢を正しくキープする為の筋力が充分ではない為に、身体の軸をズラして立つことになり、骨格には慢性的に歪みを生じて生活して行くことになります。

その結果として、腰や肩の痛みや慢性的なコリ感、たちのあまりよくない頭痛や、様々な不定愁訴、病気ではないけど健康でもないと言う半健康人状態の人が多数を占めている状況です。

少しでも楽になりたいと整体やリラクゼーションに改善を求めて定期的に通う人の平均年齢は毎年低年齢化しており、心身に何も問題の無い人を探す方が難しい、というのが現代人の特徴です。

しかし整体やカイロプラクティック、オステオパシーやアロマ、指圧やマッサージなど、あらゆる手技療法は身体を緩めることが基本的行為です。

筋を緩め、骨格を是正し、ボディフレームのリセットワークを施すのですが、歪みが無くなった正しい姿勢を保つ為の基礎筋力を高めて行くことは出来ないのです。

たとえばその人が持っている身体の性能が10であれば、10に近づけることは出来ますが、10を超えて高めて行くことは決して出来ないのです。

ここに手技療法の大きな問題があるのです。

子供のときから健康的な生活を送る為に必要となる筋肉の働きが充分ではないために歪みが生じている。または年齢とともに筋力低下を起こしている大多数のクライアントに、いくら歪みをとっても、すぐに、何度でも歪みが生じる縮図は変わらないのです。

『自然手技療法学院』の手技療法は、施術の中に、正しい身体を保持して行く為のスタビリティの強化をしてあ行く運動療法メソッドが組み込まれています。

これはクライアントが有している身体の機能を10だとすると、11にも12にも高めて行くことの出来る、世界で唯一の手技療法です。

基礎筋力が低下して膝関節や首の痛み、腰の痛みに苛まれる高齢者の根本的な改善として、充分な基礎筋力のないまま成長して来た若者達の根本的な不調の改善メソッドとして、『自然手技療法学院』の手技療法は、他の療法とは一線を画した、これからの社会にとって、なくてはならない手技療法なのです。

(☆運動療法は、自然手技療法クラスの中で学ぶ事が出来ます。)

 

s087